ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2017.04.10 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2014.07.23 Wednesday

すごいね。

また1ヶ月も更新をサボってしまった(笑)。

前回の更新が納車日かその翌日だったと思うので、納車から1ヶ月たったと、そういうことですな。新しい愛車くんは今のところ至って順調。これはいいクルマですよ、本当に。

今のところ手を加えたのは

1:ナビのデータ更新
2:ポジション球のLED化

の2点。1はお盆休みの遠出準備用、2はとりあえずここからという感じで、いずれドアミラー下のウェルカムライト、室内灯、ナンバー灯をすべてLED化する予定(^ω^)



なかなか良い色してます( ^ω^ )

さて、今度の愛車くんにはいろいろと驚かされることも多いですけど、その最たるが燃費。

まさか下道メインでリッター10キロ超えるとはね(゚д゚)!

前車が直6・2.5リッターターボで車重が1650キロ。今度のがV6・3リッターで車重はちょっと軽い1610キロ。前車は4駆でターボで重たかったけど、排気量は今度のが大きい。それでリッターあたり3キロも違うなんて…。今時(つっても8年落ちだが)がすごいのかトヨタがすごいのか…。現愛車くんに載ってる3GR-FSEっていうエンジン、性能と燃費のバランスをとても高い次元で保っててとっても優秀だと思います。


さて、明日から夏期講習が始まります。長時間労働が常態化するとってもヤバい期間であります。…カラダもつかなぁ…(;´Д`)
2014.06.22 Sunday

【答え合わせ】納車しました

まるで遠足前日のガキ小学生のようなテンションで今日を迎え、平静を装いつつショップさんへ…ってか自分で着けたスペアタイヤのクルマで運転するのやっぱ怖いwwww

…で、昼過ぎ頃無事に…




どどん!

というわけでGoNの新愛車は180系のクラウン(いわゆるゼロクラウン)でした。同時に前愛車のステージアくんとお別れになるので、最後に記念のツーショット。当然持ってるカメラの最高解像度で撮りましたさ。ともあれ10年弱の間お疲れ様でした。最後にスペアタイヤ付きなんていう姿で手放すことになったのがとても心残りです(´;ω;`)

さて、新愛車のクラウンくん、グレードは3リッターのロイヤルサルーンという最上級グレードです。



エンブレム右の「G」がその証。GoNと名乗ってる以上もちろんこの「G」グレードを名指しで…というわけではなく(笑)、見つけてもらった個体がたまたまこのグレードだっただけです。装備フェチのオレにとっては嬉しい誤算でした。

さっそくあちこち走り回っ…てきたわけではなく、今のところCDのHDD取り込みにほとんどの時間を費やしてます(笑)。そうか、このクルマは2006(平成18)年式だから、それより新しいCDはアルバム情報も曲情報もないのね…(笑)。



2014.06.20 Friday

納車日が決まりました

前回書いた中華タイヤバースト事件(笑)を受けて、ショップさんが納車準備を急いでくれまして、


明後日日曜に納車が決まりました!!


う〜、テンション上がるわー(^ω^)


ちなみに今度のクルマ、HDDナビ&ミュージックサーバーが付いてますが、CDドライブは4倍速らしいです。てことは再生時間1時間のCDを取り込むのに15分か…。ミュージックライブラリを充実させてプログレ車化するのには結構時間がかかりそうですね…( ゚Д゚)y−~~
2014.06.14 Saturday

生きててよかった

 今日はクルマで出勤。家を出るのが若干遅くなったため、高速で行くことにしました。

本線に合流してしばらく、100キロちょいで走っていたところ、突然「ゴゴゴゴ…」というこれまで聞いたこともない異音が。即座に80キロ程度までスピードを落とし、たまたま近づいていた、本来降りる予定ではなかったICから外へ出る。で、料金所手前の広いところにクルマを停めて外に出てみたらば。



な、なんじゃこりゃああぁぁ!?

そう、なんとタイヤがバーストしてしまったのでした。これにて予定の時間に職場に着けないことは確定。お客さん相手の商売かつ、今日はオレ以外の従業員がいない状況だったため、まずは来る予定だった客先にTELを入れ、来る時間をずらしてもらう。

その後、この状況をどうしようかと考えたが若干テンパってしまっており、どうすべきかが即座に思い浮かばない。ひとまずいつものショップさんに電話をして状況を説明すると、ホイールナットの外し方やジャッキアップの仕方を教えてもらったので、自力でスペアタイヤを装着する方法を採ることにしました。以前の日記に書いた通り、すでに次期愛車が決まっており、新しくタイヤを買ったり、JAFを呼んだりすることによる出費は避けたかったというのもあって。なおこの時、保険屋さんに連絡するという手段は最後まで頭を過らなかった模様ww

5穴のナットのうち、1本だけ形状が違うとか、そういうことも知らなかったため、スムーズとはいかなかったけどなんとかスペアタイヤに交換完了。



か、カッコ悪い…ww

まあとにかく、ショップさんの指示に従いすぐにエアーを補充、仕事に穴を開けるという最悪の事態はなんとか免れました。

仕事終了後、帰宅の途につくのだが、いつもよりそーっと発進して、いつもよりじんわり加速、速度も60キロくらいまでに抑えるようにして、右車線になんか一歩も出ない…みたいな感じ。一応許容速度は80キロだか100キロだかそれくらいらしいので、そんなに気を遣わなくてもよかったのかもしれないけど、なにせスペアタイヤとか履くの人生で初だし、何より装着者がオレだということがおそろしく不安で(笑)。運転にこんなに気を遣ったのって教習所&免許取りたての頃以来かもしれないww

エアーチェックは前日に行っており、さすがに予想してなかったので本当びっくりしました。なんてツいてない…と言いたいところだけど、実は案外そうでもない。もし発症があと2分…いや、1分遅かったら、今日降りたICを通り過ぎてしまっており、そこから先はほとんどの区間がトンネルかつ片側1車線。さらに真ん中に…アレなんていうんですかね?中央分離帯の代わりのような、なんか並んでるポールみたいなやつ。あれがほぼ全線に渡って立ってるため、止まるに止まれない、かと言って動くに動けない、迷惑かつ危険な状況に陥りかねなかったんですよね。

さらに言うと、異変を察知して「これはヤバい」って思った時。この時も後ろからなんにも来てないことが確認できたので割と躊躇なく減速できたんですよね。他所様の車にほとんど迷惑をかけずに済んだこと、これは不幸中の幸いでした。

作業中、そして職場に着いてから、ぼんやりと考えていたのは、これはもうすぐ手放されることを察した愛車君が最後の抵抗を試みたのではないかということ。そう思うとなんだか複雑な心境になってしまったのでした。思えば2〜3日前に灰皿の照明が突然点かなくもなったっけ…。

スペアタイヤの耐久性とか、そういうのも急遽調べてみましたが、納車までの期間クルマで通勤したい機会が推定あと4〜5回、ちなみに片道30キロ。ちょっと不安…というか、運転中の精神的負担が相当なので、クルマ通勤はしばらくやめて、今から納車まで、しばらくゆっくりと休ませてあげようかと思います。お別れの日は泣いちゃいそうだなぁ…。
2014.06.11 Wednesday

4代目GoN号が決定!

前回アナゴアナゴ〜ヽ(´ー`)ノGODGOD〜(*´∀`)とかほざいてたオレ、確かにおもしれえわ、なんでか異様なまでの引きを見せるわで、一躍お気に入り機種へと昇格を果たしたわけですが、ちょっとこの先なかなか打てなくなりそうです。

…というのはクルマを買い替えることにしたから。ニコニコ現金主義者(笑)なので、しばらくはスロットやってる場合じゃないっぽいんですよね(;^ω^)

元々9月の車検は通さずに乗り換えるつもりだったのですよ。なんでかって、次回の車検では最低でもタイヤとバッテリーの交換が必要だと思われ、相当な出費が予想できたから。それでもギリギリまで乗り続ける気でいたんですが、6月に入ったあたりからちょっとした電気系統のトラブルが頻発してましてね、放っておくには少々具合の悪い、かといって乗り換え間近で修理にお金を使いたくないって状況で。それなら、とちょっと早いけど馴染みのショップさんに予算に収まる希望車種を探してもらうことにしたんです。

そしたら2〜3日であっさりと見つけてくれまして、さっそく試乗をしに。そしたら

(・∀・)イイ!!

と一目ボレ(*´∀`)その場で手付けを支払って仮契約を済ませたのでした。

さて、GoNの次期愛車は…



じゃじゃん!笑

一応納車まではシークレットにしときます(・∀・)ニヤニヤ

フリーのモザイクソフトの、いちばん粗いモザイクにして一番大きいブラシでめったやたら塗りたくってみたけど…わかる人にはわかっちゃうかもね…w
2014.01.20 Monday

GoNのクルマ選び −その3・動力性能編−

またも前回から結構間が開いてしまった「GoNのクルマ選び」シリーズだが、昨日万枚出した余裕から今日は仕事をサボって休んでしまってヒマなので書いてみることにした。ちなみに微熱があるのは本当。つっても、平熱が36度を大きく下回るオレなので、微熱といっても36度後半ですが(小声)。

さて、3回目の今回は動力性能編。これに関しては昨今世界的に拡がりつつある、ある風潮についてまず話さなくてはならない。というのはいわゆる「エコ」関連のこと。燃費に優れ、排出ガスが少ないものが正義ともてはやされる時代、特に欧州勢に顕著に見られるのがエンジンのダウンサイジング。これまでなら車格的に6気筒の2.5〜3リッタークラスのエンジンを載せていたようなクルマに1.5リッタークラスの直4ターボを載せてモデルチェンジをするといったケースがよく見られる。国産ならば猫も杓子もハイブリッド。プラス、欧州勢に影響されたと思われるダウンサイジングの波も同時に押し寄せており、例えばクラウンハイブリッドが先代で3.5リッターV6+モーターだったのが、現行では2.5リッター直4+モーターに置き換わったのがとてもわかりやすい。

しかし個人的にはこの「エコ」には一切興味がない。排出ガス等の対環境面はともかく、低燃費の追求は特に。エンジン性能の根本的なアップはもちろんあるだろうが、やはり燃費を良化させる最大の要因は軽量化だと思う。つまり燃費をどんどん下げていくというのは、車重をどんどん軽くしていくというのとほぼイコールで結びつく。そうなるとこれはクルマがどんどん危険な乗り物になっていくことを意味すると思うんだよね。それをフォローするかのごとく、最近のクルマには「勝手に止まる機能」なんかを付けているものが目立つが、こんなものはこの機能を過信しすぎたバカドライバーを増やしたり、作動させたくもないところで誤作動していきなり止まるような個体が出る等ロクな未来が見えないクソ機能だと思うw

唯一ハイブリッドだけは若干興味があるが、それはエコが理由なのではなく、モーターの補助があるとトルクに余裕が生まれると推測されるからだw

こういったエコ観点による昨今の風潮を加味すると、もしかすると多気筒(といってもオレが乗れるのはせいぜい6気筒までだが…)大排気量車に乗れるのは次の乗り換えで最後になるかもしれない。個人的には質感や経済性などをトータルで見て最もバランスが取れてるのって6気筒だと思うんだよね。

まあエンジンもそれぞれ馬力がありトルクがあり特性がありで、気筒数だけで語っちゃうのも乱暴だけど一応大まかな指標としてね。

で、オレが求める動力性能のお話。いつだったか、ある人が運転する1.8リッタークラスのファミリーセダンに3人で乗った時のこと。登り道でそのドライバーが「3人乗ってるとちょっと重さを感じる」と漏らしたことがあった。また、オレ自身は免許取って最初に乗ってた軽(NA)の時に4人乗車で稲佐山に登るという荒行をやったことがあって、この時は床まで踏んでも20キロくらいしか出なかったのを記憶している。

何が言いたいかというと、「道の状態や乗ってる人数次第で走り的にストレスを感じるのはイヤだ」ということ。2代目愛車のシルビア(160馬力)ではこのようなストレスを感じたことがなかったし、カタログ上で280馬力(実馬力はそこまでない模様w)を誇る現愛車は当然そこらへんは無縁。まあシルビアは車重がとても軽かったので、そこらへんを加味すると200馬力くらいあれば及第点なんじゃないかしら。

それとトランスミッション。オレは自己所有車では3ATと4ATしか経験がないので多段ATについてはどんなもんかよくわからないけど、数字だけなら6速くらいがいちばんいいんじゃないかという気がする。MTだって乗用車では6速までしかみないですし、8速もあると逆に変速しすぎでギクシャクしそうな…?

実は次回の買い替え候補としてドイツ製の某車が筆頭候補に挙がってまして、そのクルマには6速のデュアルクラッチトランスミッションが載っており、とても興味深いデバイスなんですが、先日オイル交換のために馴染みのショップさんに立ち寄って相談したところ、「輸入車の中古車なんてロクなもんじゃないからやめとけ」って一刀両断でして(;^ω^)少なくとも次期の愛車でこれを堪能することはなさそうです。

というか、国産に乗りたいクルマがあまり見つからないのでぶっちゃけ気持ち的にはかなり輸入車にシフトしてたんですが、この助言(?)でまっさらになってしまいました(笑)。さてどうするか…。
2014.01.02 Thursday

GoNの野望・全国版

皆様あけましておめでとうございます。例年、「正月なんて冷静に考えれば別にめでたくもなんともねえ」とか言っておりますが、まあたまには、ね。

仕事のほうは30日の朝までやっておりまして、帰って来たところから正月休みスタート。この30日含めて4日しかありません。この業界真っ黒ですわww

30日は寝ることを余儀なくされるためほぼなにもできないわけでして、休み本番は翌31日から。この連休はどこか遠出をすることをずいぶん早い段階で決めてました。盆休みは行くつもりだったけどテンション上がらず途中で帰ってきたりしましたしねw

ところが、前日無駄に夜中まで起きてたせいで朝起ききれず、起きたのはもう昼になろうかという時間。早起きして出発する予定だったのにいきなり計算が狂ってしまいました。まあ過ぎてしまった時間は戻せないし、気を取り直して洗車した後出発です。

実はオレ、秘かに目標としてることがあります。それは…

全国道の駅完全踏破

というなんの役にも立たないしなんの自慢にもならないようなシロモノwwけど、実際役に立たないことの方がおもしろいし、飽きないですよね?

今までに行ったことのあるところも一旦リセットして、本日はその野望へのはじめの一歩。今回は事前に下調べをしておいた国道442号沿線を攻めます。

444号を通って大村から佐賀へ、筑後川を渡って福岡県大川市から442号に入ります。



まずは1ヶ所目。大晦日で売店開いてません(´・ω・`)



そして2ヶ所目。ここに到着する直前、Google先生は凄い道にオレを案内してくれたwちなみに読みがわからんww

この写真のバックにも写ってるが、



これちょっと気になるw開いてなかったけどね(´・ω・`)

ここを出る頃はもう外は真っ暗。はじめは大分の竹田市まで東に進むつもりだったけど、起きるのが遅かったせいでこれを断念。212号を北上して日田市に向かうのでした。日付変わるまでには帰ってサヴちゃん見たいしね(笑)。

この212号の道中、水辺の郷おおやまという道の駅に立ち寄ったけど、1台の車も止まってない漆黒の闇状態で、足跡の写真も残せず…。

日田市内で母親と職場に軽く土産物を買おうとショッピングモール的なものを探すが見つからず、スーパーに立ち寄るがロクなものを売っておらず、ここでの土産物購入を断念。心情的に福岡のよりも大分のものの方がよかったんだけどな…(´ε`;)ウーン…

仕方ないので



ここと、



ここに寄った後、久留米のゆめタウンに立ち寄り、母親に八女茶を、職場にお菓子を買いました。気分は劉備(笑)。

帰り、サヴちゃんに間に合うか微妙な時間だったため、佐賀から高速。23時ごろ、無事に諫早到着( ´ ▽ ` )ノ タダイマァ

走破距離約350キロ、立ち寄った道の駅5か所。なかなか楽しいドライブでしたよ。次回への課題としては、

・大晦日と元旦はほとんどの道の駅が売店を開けていない
・そもそも開いてたとしても遅くまではやってないので真に楽しむなら昼間に限られる

ってとこかな。今の仕事を続ける限りそうまとまった休みは見込めないので、本気で完全踏破を目指すのなら定年後の年齢からが本番という無駄に壮大な計画になってしまいそうです。…が、ちょっと待てよ?

うちの職場定年ってあるんだっけ?笑


2013.12.15 Sunday

車内清掃

みなさまご無沙汰(=゚ω゚)ノぃょぅ

先週外側は洗車したので、今週は中をぴかぴかにしようと思った(^ω^)

ガラスクリーナーを持っていって、窓という窓をフキフキ。そしたらヤニで真っ黄色に染まる雑巾(;´Д`)笑

どうやらフロントの拭き方が甘かったらしく、夜走ったら対向車のライトが乱反射してまぶしいこと(;・∀・)こりゃ次の休みにやり直しだな…( ゚Д゚)y−~~

…で、こういう機会なので中古車屋さんがネットに上げるような愛車の内装の写真を何枚か撮ってみた。

まずはメーター周り。




自発光式のメーターに憧れる今日この頃(笑)。夜にライト点けると照明はオレンジなんだが、これが安っぽく見えるのはオレだけか?やっぱホワイトやブルーの方が高級感があるような…。

次に運転席。このクルマが本革シートなのは偶然だったのだけど、一度これを味わうともう普通のシートには戻れません(;^ω^)



先日14歳を迎えたベテラン選手なので座面とか相当劣化してますね…(;´Д`)それに対して後席はというと…





こちらは新品同様の美しさ。人を乗せる機会がほとんどない非リア充なので…(小声)。この後席を横から見ると…



FRベースでふっといトンネルが通ってるのもあって、決して広くないというかむしろタイト。今時のこのクラスなら後席のエアコン吹き出し口がないなんて考えられないが…。

最後はリアから撮ったインパネ周り。



ATはマニュアルモード付きだけど、なにせ14年も前のクルマ、ATは当然4速なのであまり存在価値がない(苦笑)。しかもマニュアルモードを選ぶとロックアップがかからない。詳しい説明は省略(笑)。

中が終わった後はタイヤワックスでタイヤの側面をぴかぴかにします。



ものの3〜5分で終わる簡単な作業なんだけど、これをやると見た目の印象が全然変わるのがとてもイイです。

こうやって改めて写真を撮ってみると、オレの愛車もまだまだ現役でイケそうな気分になります。なによりやっぱカッコいいっすよ、このクルマ(あくまでオレ目線だが)。

けど、来年の秋にクルマを買い替えることはほぼ確定項で、さらに車種もほとんど決めてしまってます。けど今は内緒。納車したら報告しますよ。


2013.11.25 Monday

GoNのクルマ選び −その2・外観編−

…とその前に近況報告。

16連勤してました<丶´Д`>ゲッソリ 
久しぶりの休みはテレ東氏が帰って来たので浜ブラ&トルコライス、のちフリー。麻雀、実は2ヶ月ほど打ってなかったんですが、先週から帰宅後YouTubeで雀鬼を観るってのが日課となってましてね(笑)。久々に打ってみようかと思いまして。それにしてもシミケンカコ(・∀・)イイ!!

案内されたら東家か西家かの2択、起家嫌いのオレは普段なら間違いなく西家を選ぶんだが、この店は廻り起家。最初の半荘は見しようと珍しく起家を選んだのよ。そしたら最初の局が配牌ダブ東アンコのスッタン見込みな手牌でしてね。これがシャンテン止まりでいきなりガックリくる羽目に。おかげでこの半荘ノーホーラのラス。まあ久しぶりだし仕方ないかーとも思ってたんだけど、初和了が2半荘目の終盤ってのはさすがに焦れたよ(;^ω^)

この後は赤入り時のツモ和了り等に恵まれ、精神的にもすごくフラットに打てたのもあってちょい浮きで終了。ラス半かけたら箱ラスってのはもはやお約束(笑)。

この日は麻雀ヽ( ・∀・)ノ ウンコーってのもなかったけど、特におもしれえ!ってほどでもなく。麻雀はたまにでいいよねを再実感。


さて本題。前回のその1からずいぶんと開いてしまったが、今回はクルマの外観の話。結論から書くと

ほとんど拘りはない

です。走ってる自分のクルマの姿は特殊な状況下でないと見れないからってのが理由。しかしこれではいくらなんでもあんまりなのでもう少し詳しく書くと…。

・ボディタイプ

本当に何でも良い。クーペだろうがセダンだろうがSUVだろうがそれこそなんでも。ただ、7人も8人も乗れるような巨大な箱には興味がない。ピークは過ぎたようだが、この核家族化が進んでるご時世になんでこんなクルマが売れているのか甚だ疑問。SUVは着座位置が高く見晴らしが良さそうなのでちょっとだけ憧れる。

・車格

大きなクルマが好み。…いや、厳密にはちょっと違ってて、オレは内装至上主義者なので、オレの要求を満たす内装のクルマは軒並みある程度のサイズ以上と言った方が正しいか。小さな車体にクラウン並みの豪華装備を満載したようなクルマがあればいろんな意味で理想っちゃ理想だが、そんなクルマはどこにも需要がない模様(笑)。トヨタにブレイドというクルマがある(あった?)が、あれはもう少し高級寄りに振って良かったと思う。

・2本出しマフラー

オレがほとんど唯一外観面で拘るポイント。だってカッコいいじゃないですか(*´∀`)

・その他

外観なんてなんでもいい…とか言いつつもカッコ悪いのはやはり嫌だ。例えばSUV+ノーマル車高+エアロレス+大径ピカピカホイールなんていう常軌を逸したセンスのクルマに乗るのはさすがに躊躇われる。色にも拘りはないどころか、不人気色は中古が安く買える傾向があってむしろウェルカムだが、これも猟奇的に過ぎるのはちょっと…。色によっては社外アルミがどんなものでも映えないので地味に要注意ポイントかも。



…とまあ外観面はざっとこんなところ。購入予定まで1年を切ってきたのでそろそろ具体的な車種選定に入らなきゃね。まあすでにある程度目星は付けてはいるが…。
2013.10.18 Friday

GoNのクルマ選び −その1−

車検まで1年を切りました。

今度こそはクルマを乗り替えようと思ってて、どんなのがいいかあれこれ物色中なのであります。

今の愛車、とにかくうるさくてですね…(;´Д`)HKS製の社外マフラーを後付けしたんですけど、これって爆音マフラーに憧れて付けたってわけじゃないんですよね、実は(;^ω^)

純正のマフラーが腐って折れたから

なんですよ、こんなものに取り替えたのは。まあ砲弾型のマフラー自体はカッコよくて好きなんですけど、当時の懐事情の関係でカッコよくかつ静かなマフラーが選べなかったんですよね。

んで先日、中古の純正マフラーがないか馴染みのクルマ屋に頼んでみたところ、モノはあったんですが予想以上に高値だったんですね。その金額出すくらいなら次のクルマの購入資金に廻した方がマシなんじゃないかって。それからですかね、買い替え欲が高くなっていったのは。

もうひとつ、決定的なきっかけとなったのが、今年から自動車税が上がったこと。そう、初年度登録から13年を越えちゃったんですよね。

この前洗車した直後に、どこかの駐車場で自分の愛車を斜め後ろのアングルからふと眺めてみたんですけど、スタイルは今でもカッコいいんですよね、やっぱり(オレ主観ですが)。それに何より、ヘタな夫婦なんかよりよっぽど長く、9年も付き合ってる相棒ですからね、情も多分に湧いてしまってます。けどやっぱり…そろそろ引退させてやっても良いでしょう。あと1年弱、大事に乗ってあげたいと思ってます。

それではオレは次期愛車にどんなクルマを選ぶのか!?そのへんは次回に…。
Powered by
30days Album
PR